トイ・プードル じゃじゃ馬娘 ピーチの奮闘記
ちっちゃなトイ・プードル ピーチです。人が大好きで甘えん坊、
ボールのレトリーブ
振替休日をいただいたので、午後からピーチを連れてハッピーランドへ行ってきました。
土日の賑やかさが、嘘のような静かさでした。

そろそろ、フライボールの練習を開始しようかと思い、ボールのレトリーブから始めました。
ボールのレトリーブは、家の中でも遊びでやっているので、ボールが代わってもやれると思いました。

しかし、場所が変わっても集中できるかが心配

実際にやってみると、「おっ、ちゃんと持ってくるじゃん」

IMGP0217.jpg


でも、周りにいるワンコ達に気を取られ数回やった後、ボールに集中できなくなりました。

まぁ最初はこんなもんでしょう!

IMGP0221.jpg


ピーチ!少しずつ成長中 頑張ってます!
スポンサーサイト


とにかく、はじめてみよう
とっとランで、初めてフライボールに挑戦する方と練習する上で、私も初心に帰って、
練習していこうと思います。

1度や2度できないからと諦めないで、犬と人間と根気比べです。 
10回やってできなくても、20回やればできるようなるかもしれないです。

基本的な「来い」「待て」「座れ」等の躾は必要です。 特に呼び戻しは大切です。
飼主や作業に対する集中が 求められますし、他の犬への乱入を防がなくてはなりません

初めてハードルを飛ぶ場合はリードをつけて一緒に飛んでいきます。
次のステップは、犬をハードルの前に座らせ、 飼主が反対側で待ちながら
「ジャンプ!」と言いながら飛び越えさせます。

フラボ⑮


ハードルが1基 飛べたら、今度は2基というように少しずつ増やしていきます。

ボックスが用意できない場合でも、ハードルを飛び、ボールをくわえ、
ハードルを飛んで帰ってくるという練習はできるので、何度も繰り返して練習しましょう

ダンボールやベニアなどで軽量なハードルを作り、毎日少しずつでも練習すると憶えるのが早いです。

どうしてもハードルをすり抜けてしまう場合は、左右を人間の壁で囲ってもらうか、障害物を置くのも有効です。


ハードルを使って
フライボールの練習方法③
ハードルの練習開始

ハードルの練習を開始する前にハードルを作りたいと思います。
材料は、ホームセンターに売っているプラスチックダンボールを使います。

ハードルを1セット借りてきて、それで型をとります。
プラスチックダンボールはカッターで切ることができますので、簡単に作成ができます。
バーを支える土台には風で飛んでいかないよう、ボルトを錘にして装着します。

P1000070.jpg


ジャジャーン、これで完成です。

我が家はエクストリームの練習をするために20個作りました。

それでは、ハードルを使った練習を始めます。

まず、ハードルを1個おいて、犬にジャンプして飛んでもらいます。
嫌がる犬もいると思いますので、まずはリードをつないだまま飛ばしてみましょう。

飛べたら、ご褒美をあげて、褒めてあげます。

慣れてきたらハードルの数を増やしてきます。

リードをつけたままで、充分クリアできたら、リードをはずします。

犬をマテさせて、飼い主さんが一緒に、「ジャンプ」と言いながら犬と併走します。

それが出来たら、次は犬だけで、走らせてみましょう。
スタートラインに犬を「待て」させて、ゴールライン(反対側)に飼い主さんが立ってもらいます。
「待て」ができなかったら、誰かに首輪を持ってもらいましょう。

ゴーで犬を呼び寄せます。
その時犬の名前を読んで呼び寄せる事もわすれずに

P1000071.jpg



ゴールできたら、しっかり褒めてあげましょう。

この一連の流れができるようになれば、ハードルは大丈夫!

ハードルを飛ぶことは楽しいよと、繰り返し教えてあげる事が大切だと思います。



ボールをもってこい
フライボールの練習方法②

フライボール導入へのトレーニングを開始した頃のお話です。

ありすにボールへの興味を持たせるため、家では、「ボールをもってこいさせる」
トレーニングを始めました。
犬は動くものに興味を持つので、私がボールを手に持ち素早くボールを動かして
ボールに興味を持たせるようにしました。

まず、ボールを少し転がして、ボールを追いかけさせます。
初めは、1m以内で転がします。
犬がボールまで行かなくても、少し追いかけただけでもOKです。
褒めて、おやつをあげます。それを 繰り返しトレーニングして、
ボールまで行くように練習しました。

徐々に距離を伸ばしていきます。ボールを投げたらコマンド「持ってこい」を言って、
ボールを持ってこさせるようにトレーニングしていきました。


P1000067.jpg

P1000069.jpg

P1000065.jpg


少しの時間で、できるトレーニングですので、遊び感覚でやってみると効果があると思います。
我が家では、今でもやってますけど・・・。(笑)


ボールと仲良し
フライボールの練習方法 ①

経験をもとに書いてますので、参考になるかわかりません。
ありすは、最初、物欲が薄く、ボールや縫いぐるみに、全く興味がありませんでした。

でも、フライボールは、ボールをキャッチして咥えて持ってくるという行動が必要
です。うちの困ったちゃんに、どうやって興味をもたせるかが、第一の課題でした。

そこで、紐のついたボールで引っ張りっこをして、少しづつ興味をもたせる事にしました。

P1000045.jpg


「うーうー」と唸って咥えてくるようになったら、今度はボールを転がして一緒に追いかけっこ

私にボールをとられまいと、一生懸命に走って、咥えて走ります。

ここまで、くればしめしめ!

部屋の中で、暇なときに遊んでやれば、どんどんボールに興味をもってきます。
これで、やっとフライボールのスタートライン

けっこう、苦労したんですよ。(笑)




Copyright © トイ・プードル じゃじゃ馬娘 ピーチの奮闘記. all rights reserved.