フライボール犬 ありすとじゃじゃ馬娘 ピーチの奮闘記
フライボール大好き! アメリカン・コッカー・スパニエル「ありす」と共に、JKCのフライボール競技会に参戦しています。ドッグスポーツ唯一のチーム競技の醍醐味をお伝えしていきたいと思います。
くっつき虫
ありすは、家族が寝ていると、よくくっついてきます。

ワンコの習性かもしれません。

犬は、危険から身を守ったり、体温を保つことができるので
仲間同士自然と寄り添って眠っていたようです。

HI360025.jpg



また、単純に、飼い主さんが好きだから
信頼しているからもっとくっついて側で寝たいと思っているらしいです。

CIMG0502.jpg


子供もワンコも寝顔は可愛いですよね。
スポンサーサイト


ドッグダンス
フライボールに出会う前の事です。
今から6年くらい前になります。

よく遊びに行っていた、ドッグランのオーナーさんから、
「うちで、ドックダンスのレッスンやるから来ない?」と誘われました。

そこで、興味本位で参加する事にしました。
ワンコと一緒に何かしたいと思っていたから、チャレンジしてみる気になりました。

しかし、はたから見ると、簡単そうにみえるのですが、やってみると、これが非常に難しい。
完全にナメてましたね。

CIMG0108.jpg


練習の回数を重ねてくると、ありすも、いろいろなトリックを少しづつ覚えていきました。
しかし、集中力がない困ったさんは、練習中に逃走するは、固まって止まるはで、
全くダンスの形になりません。

結局、ダンスの完成品をお見せする事もなくリタイヤする事になりました。

でも、フライボール引退したら、またチャレンジしてみようかなと思ったりもしています。







フライボール競技会 個人戦
今日は、少し遡って、平成23年に実施されたブロック競技会から
いいとこ撮りをチョイスした個人戦の映像をご紹介します。

平成23年10月30日の神奈川ブロック競技会までは、スモールとラージのカテゴリー
しかありませんでした。
IMG_2608.jpg



ボックス検査と同時に体高測定が行われ、ラージのカテゴリーでは犬の体高によって、
ハードルの高さが調整されました。

それでも、カテゴリーはラージですので、ボーターやラブラドールと一緒に走ることになるんですよ。

ちょっと厳しかったですね。今から思うと。

[広告] VPS


ボールと仲良し
フライボールの練習方法 ①

経験をもとに書いてますので、参考になるかわかりません。
ありすは、最初、物欲が薄く、ボールや縫いぐるみに、全く興味がありませんでした。

でも、フライボールは、ボールをキャッチして咥えて持ってくるという行動が必要
です。うちの困ったちゃんに、どうやって興味をもたせるかが、第一の課題でした。

そこで、紐のついたボールで引っ張りっこをして、少しづつ興味をもたせる事にしました。

P1000045.jpg


「うーうー」と唸って咥えてくるようになったら、今度はボールを転がして一緒に追いかけっこ

私にボールをとられまいと、一生懸命に走って、咥えて走ります。

ここまで、くればしめしめ!

部屋の中で、暇なときに遊んでやれば、どんどんボールに興味をもってきます。
これで、やっとフライボールのスタートライン

けっこう、苦労したんですよ。(笑)


散歩の途中
私の健康法は毎朝の散歩です。
雨の日も雪の日も、ありすと一緒にウォーキングです。
散歩の途中で服従訓練

集中の切れない間に、脚側歩行の練習開始
この前、大阪ブロックの公開訓練試験で撃沈してしまいましたので、次回の試験のために
練習です。

ちゃんとアイコンタクトできているかな。
P1000040(1).jpg



伏せ・立て・待て・来い ちゃんとやってくれよ。タノムから。

P1000042(1).jpg

P1000043.jpg



フライボール競技内容について
今日は、競技の内容を説明します。
フライボールって?という人もたくさんいるかと思います。
野球でいうと高くあがったボールをキャッチすることですか?
なーんて思っている人も少なくないと思います。

ではでは、フライボールとは、こんな競技です。


●チーム競技
4組のハンドラーと犬が1チームとなって、それぞれのコースを、2チームで競うノックアウト方式の競技です。
犬は、コースに並べられた4つのハードルを跳び越し、フライボールボックスを操作して、飛び出たボールを咥え、再びハードルを跳び越し戻ってきてフィニッシュする一連の競技を、リレー方式で行います。
全ての犬がミスなく、先に走り終えたチームが、そのヒート(回)の勝者となり、基本的に3回行った内、先に2勝したほうが勝利チームとなります。
フラボ徳島12


●個人競技
ハンドラーと犬を1組として、2組によりそれぞれのコースをタイムトライアル形式で競い合います。
犬は、コースに並べられた4つのハードルを跳び越し、フライボールボックスを操作して、飛び出たボールを咥え、再びハードルを跳び越し戻ってきてフィニッシュします。3回連続で行い、最も早いタイムをその犬のベストタイムとして、早い順に成績を決定します。
フラボ徳島8



見ているこちらもハラハラドキドキ。とてもエキサイティングな競技です。スピードに加え、ボールを持ってくるという、服従性も必要とします。
ボールが大好きでハードルを飛ぶことを喜ぶ犬ならば、このドッグスポーツが最適ではないでしょうか?


フライボール練習会
木曽三川公園にある東海広場で、フライボールの練習会に参加しました。
チーム(HEARTY FACE)の皆さんと一緒に本部展に向けての練習です。
練習に先立ち、まず練習場所の設営から
DSC_0077.jpg


全員で、囲いを作ってから、練習道具を搬入して練習をスタート

今日は、ミニピン・シャー君のチーム戦デビューに向けての練習

「シャー君、本番に向けて頑張ろうね」年増のありすが言ってるよ。
DSC_0081.jpg




ワンコと共に
今から8年前、我が家にアメリカン・コッカースパニエルがやってきました。
名前は「ありす」といいます。

ひょんな事に、ありすと共にドッグスポーツに挑戦することになりました。

過去を振り返りながら、ドックスボーツ(フライボール)の楽しさをお伝え
できたらと思います。

ありす子犬







Copyright © フライボール犬 ありすとじゃじゃ馬娘 ピーチの奮闘記. all rights reserved.