フライボール犬 ありすとじゃじゃ馬娘 ピーチの奮闘記
フライボール大好き! アメリカン・コッカー・スパニエル「ありす」と共に、JKCのフライボール競技会に参戦しています。ドッグスポーツ唯一のチーム競技の醍醐味をお伝えしていきたいと思います。
犬 VS 亀
梅雨時期になると、散歩の途中にある日光川から、
亀が堤防道路まで出てきます。

亀を探すのが、ありすの日課です。
草むらに鼻をクンクン

おっと亀発見!

DSC_0109.jpg


何をしているのかと見てみると、亀をつっついています。

DSC_0110.jpg


シッポを振り振り、ガウガウと言いながら楽しんでいます。

DSC_0111.jpg


亀は首をすぼめたまま出てきません。
きっと大きな迷惑だろうな。

梅雨時期の楽しい散歩のひとときです。
スポンサーサイト


FCI 東日本ブロックフライボール競技大会
平成25年6月23日、神奈川県平塚市で開催された、東日本ブロックフライボール
競技大会に参加をしました。
雨の心配もありましたが、台風も去り、天気に恵まれ、絶好の競技会日和となりました。

DSC_0112.jpg


今回チームからは、夢ちゃん(ボーダー・コリー)とありすの2頭の出陳で、個人戦のみの参加です。
出陳表を見て、タメ息一発!
「オーストラリアン・ケルピーが出てるじゃん。夢ちゃんもいるし、こりゃ厳しいな」
と独り言

今回は、出陳数も多く、チームも9チーム参加ということで、競技スタート時間が、
11時20分に変更となりました。

スモールクラスから始まり、いよいよミディアムクラスです。
私は、夢ちゃんのローダーです。競技会ローダー初デビューとなります。
大きな声で、「ゆめー」と呼び込み「タッチ」と叫んで、誘導していきました。
結果は6秒29でした。拍手

次はありすです。ローダーは西尾さん。
隣のレーンはオーストラリアン・ケルピー
審査委員長の笛でスタート! 一生懸命走りましたが、8秒09とタイムが
伸びませんでした。隣のオーストラリアン・ケルピーは5秒96というすばらしい
タイムで第一席となりました。スピード違反ですよ。

IMGP7626.jpg


夢ちゃん第2席、ありす第3席で表彰台に乗りました。

P1000080.jpg


続いてチーム戦
チーム戦は9チームでした。
Shaggy Buddies SiriusとONLY WANとの決勝となり、優勝はShaggy Buddies Siriusでした。
今回はコッカーのあられちゃん・コリンちゃんを入れてのチーム編成でしたが、ボーダーの
2頭が圧巻の走りで、前半の遅れを、捲り切っての優勝でした。
すごかった!



チーム戦の優勝タイムは28秒くらいだったと思います。
秋の本部に向けて、練習課題がみえてきました。

頑張るゾ! (笑)

今大会は、14時には表彰式も終り、会場を離れることができました。
19時前には自宅に到着、明るいうちに帰れ、疲れが半減しました。



フライボール競技会 個人戦②
平成24年に実施されたブロック競技会から、またまた、
いいとこ撮りをチョイスしてみました。

ダウンロード (64)



ミディアムクラスは、当初、参加する犬が少なく、ポイントも
取りやすかったのですが、今年は、ボーダーコリーやシェルティなど、
足の速い犬が参加してきており、ポイントを取るのも厳しくなってきました。

ありすの足は速くはありませんが、失敗が少ないという利点を活かして、
これからも頑張っていきます。

[広告] VPS


テラスからワンコの首が!
我が家のテラスには、三ヶ所、縦に隙間が作ってあります。
ちょうど、ありすの首がちょうど入るくらいの大きさです。

どこ?

P1000072.jpg

ここだよ。

P1000073.jpg

わかった?

P1000074.jpg

いつも、テラスにいるときは、ここから外を眺めているありすでした。



ハードルを使って
フライボールの練習方法③
ハードルの練習開始

ハードルの練習を開始する前にハードルを作りたいと思います。
材料は、ホームセンターに売っているプラスチックダンボールを使います。

ハードルを1セット借りてきて、それで型をとります。
プラスチックダンボールはカッターで切ることができますので、簡単に作成ができます。
バーを支える土台には風で飛んでいかないよう、ボルトを錘にして装着します。

P1000070.jpg


ジャジャーン、これで完成です。

我が家はエクストリームの練習をするために20個作りました。

それでは、ハードルを使った練習を始めます。

まず、ハードルを1個おいて、犬にジャンプして飛んでもらいます。
嫌がる犬もいると思いますので、まずはリードをつないだまま飛ばしてみましょう。

飛べたら、ご褒美をあげて、褒めてあげます。

慣れてきたらハードルの数を増やしてきます。

リードをつけたままで、充分クリアできたら、リードをはずします。

犬をマテさせて、飼い主さんが一緒に、「ジャンプ」と言いながら犬と併走します。

それが出来たら、次は犬だけで、走らせてみましょう。
スタートラインに犬を「待て」させて、ゴールライン(反対側)に飼い主さんが立ってもらいます。
「待て」ができなかったら、誰かに首輪を持ってもらいましょう。

ゴーで犬を呼び寄せます。
その時犬の名前を読んで呼び寄せる事もわすれずに

P1000071.jpg



ゴールできたら、しっかり褒めてあげましょう。

この一連の流れができるようになれば、ハードルは大丈夫!

ハードルを飛ぶことは楽しいよと、繰り返し教えてあげる事が大切だと思います。



ボールをもってこい
フライボールの練習方法②

フライボール導入へのトレーニングを開始した頃のお話です。

ありすにボールへの興味を持たせるため、家では、「ボールをもってこいさせる」
トレーニングを始めました。
犬は動くものに興味を持つので、私がボールを手に持ち素早くボールを動かして
ボールに興味を持たせるようにしました。

まず、ボールを少し転がして、ボールを追いかけさせます。
初めは、1m以内で転がします。
犬がボールまで行かなくても、少し追いかけただけでもOKです。
褒めて、おやつをあげます。それを 繰り返しトレーニングして、
ボールまで行くように練習しました。

徐々に距離を伸ばしていきます。ボールを投げたらコマンド「持ってこい」を言って、
ボールを持ってこさせるようにトレーニングしていきました。


P1000067.jpg

P1000069.jpg

P1000065.jpg


少しの時間で、できるトレーニングですので、遊び感覚でやってみると効果があると思います。
我が家では、今でもやってますけど・・・。(笑)




Copyright © フライボール犬 ありすとじゃじゃ馬娘 ピーチの奮闘記. all rights reserved.